Tag: ちょっと言いたい本  1/5

安すぎる古本File No.19

シリーズ『日本の名随筆』(作品社)各巻にテーマがあり、テーマに合わせた随筆を収録したシリーズ。そのテーマに詳しい人が編集。シリーズは全部で100冊、別巻も100冊。合わせて200冊。200のテーマです。すごい。ん~。ただいま秋ですから、秋の巻を確認しましたら、1984年初版で今も流通中ですよ。どんだけロングセラーやねん、といつも思います。出版元の内情は存じ上げませんが、このシリーズで、すぐにもうかったのかなぁ。そ...

  •  -
  •  -

気高い人々

article

前項、「安すぎる古本File No.18」を書いていて思い出した人がいます。森茉莉さん。森鴎外さんの長女。お嬢様。しかし、ご自身が作家として活躍されていた頃は、経済状態は良くなく、それでもブレずに超然と生きている。その辺りのことが書かれたエッセイはどれも面白くて大好きです。中に、今でも私を勇気付けるエピソードがありました。確か、古いアパートにお住まいで、片付けるのは(控えめに言っても)苦手だから散らかってい...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.18

『誕生日の子どもたち』(カポーティ 村上春樹訳/文藝春秋)カポーティのポートレートが際立つ、白い装幀がおしゃれな単行本ですが、絶版。古書価は底値。(文庫化もされていて、そちらは流通中。)    単行本『誕生日の子どもたち』には、「誕生日の子どもたち」「感謝祭の客」「クリスマスの思い出」「あるクリスマス」「無頭の鷹」「おじいさんの思い出」が収録されています。この内、「クリスマスの思い出」「あるク...

  •  -
  •  -

なんたら帖。

 子どもの書いた「なんたら帖」、みたいなものが好きです。 「は? なんたら帖?」と思った方、すみません。うまく言えません。 好例としては、みうらじゅんさんが『見仏記』の中(の口絵ページ)で紹介している、ご自身が子どもの頃に書いた「仏像スクラップ」を挙げられるでしょうか。 小学生だったみうらじゅんが、拝観チケットを貼り込み、感想を書き入れてあるという品。「筆文字を装った俳句」も書いてあります。笑っち...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.13

『ダーシェンカ』(カレル・チャペック/SEG出版)単行本が数種類出て、文庫化もされて、また別版の単行本が出て……という幸せな経過を辿っている作品にありがちなことではありますが、その過程で、いずれかのバージョンの古本価格が急落します。(新しい版がじゃんじゃん出てれば、古いの要らないですもんね。)これもその一つ。すごく装丁の良いバージョンです。大きめサイズ(約28.5×21センチ)で、ビニールカバー(というかあの...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.12

『コンスタンチノープル 中公文庫』(橘外男)軒並みお高い橘外男の著作をなんとか読みたいと思ったら、この辺から始めるのもいいですね。第一次世界大戦前、ドイツの近東外交政策の犠牲となり、トルコ皇帝に売られハレムに幽閉された財閥夫人エリス・ケルレルの数奇な物語。ハレムの女からサルタンの妃にのし上がった運命の女を描く長篇。(あらすじより引用)うーん。「橘外男」味を堪能。異常な安さが続いています。なんでや。...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.11

BIBLIO MYSTERIES 1~3本好きの人にとっては、「みなまで言うな。わかったわかった。内容はどうあれ、それは買うから」という本があります。つまり、本にまつわる小説、本にまつわるミステリ。本をめぐる冒険。なんでもこーい。それは買うヤツ。でしょ?これなんかもそう。買うヤツ。 本書は全3冊のシリーズ。米ミステリアスプレス社が発売した10編を各巻に3~4話ずつ収録とのこと。2014年刊。まだ文庫化は無し。しかし、安...

  •  -
  •  -

『マンドレークの声 杉みき子のミステリ世界』トーク&サイン会について、その他のメモ

 というわけで、だいたいはメルマガに書きましたが、書ききれなかったエピソードを備忘録として。(メルマガの該当記事は→こちら)■ 『マンドレークの声 杉みき子のミステリ世界』(杉みき子/亀鳴屋)出版記念トーク&サイン会に行き、杉さんのサインをいただいたわたくし。その場に編者である戸川安宣さんがいらっしゃったにもかかわらず、ウキウキしたまま帰ってきてしまい、戸川さんのサインをもらい忘れたという体たらく。...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.10

配色の手帖(堀内誠一/草思社) 草思社の単行本です。変形サイズで普通の本棚には入りません。大型本といっしょに収納する羽目になるのだけが不満です。背が高く、幅がなく、しかも薄い本なので、大型本と収納すると、たちまち見失います。どこに片付けたのだろう? 最近姿を見ないぞって。 まぁ、それはおいといて。 ちょっと開いてみれば、すぐ楽しいです。 色見本に執着を感じる人なら、好きにならずにはいられないでしょ...

  •  -
  •  -