Category: 本  1/7

安すぎる古本File No.25

JUNICHIシルエット絵本JUNICHIシルエット絵本(中原淳一/国書刊行会)「白鳥」「イーダの花」「人魚のお姫さま」「椿姫」など14編を収録。中原淳一のシルエットイラストが入った華麗な物語集。初出はほぼ「ひまわり」に連載されていた作品ですが、「女の部屋」「それいゆ」「ジュニアそれいゆ」のものも混ざっています。約23×22センチで大きめサイズ、しかもハードカバー。2,376円で現在も流通中とはいえ、古本価格が安すぎる!少...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.24

ミステリ亭の献立帖(東理夫/晶文社)晶文社のミステリ関連書、となれば、だいたい欲しいんです。そして本書は安い。安すぎる。ミステリに登場する料理に関するエッセイ。料理から派生してエピソードがひろがっていく様がなかなか面白いです。著者が実用のために考案・試作したというレシピ付き。私が一番作ってみたいのは、「茄子と小海老のグラタン」。これは、M・バスケス・モンタルパン『楽園を求めた男』に出てくるレシピを...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.23

『澁澤龍彦をもとめて』『澁澤龍彦をもとめて』(季刊みづゑ編集部/美術出版社)定価は¥2,000古本は安い。うーん、安い。良い本なのに。楽しい本なのに。良い本が安くて幸いだけど。まぁ恐らく、すごく売れたんでしょうね。いわゆるムック風。豪華なムックといった感じ。絵本サイズ。私が一番好きなのは、もちろん澁澤龍彦邸と書棚の写真です。篠山紀信撮影で写真は大きく、長く、一番フォトジェニックな箇所は折込の見開きにな...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.22

『ゴメス・コレクション 100年前のヨーロッパ』(小学館)このシリーズ好きなんです。『ゴメス・コレクション 100年前のヨーロッパ』。シリーズ全4巻(多分)。今までに全部在庫したことがあります。1: 1900年の女神たち 当時の美少女や美女の写真・絵葉書など。2: クロモスの世界 手元に無いのでうろ覚えですが、クロモスを大量に収録していました。3: 機械と科学の夢 好奇心だけが時代のエンジンだった。有史以来の夢が...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.21

『怪盗ゴダールの冒険』(フレデリック・アーヴィング・アンダースン 駒瀬裕子訳)国書刊行会、ミステリーの本棚シリーズ。私、怪盗大好き。しかも、そそるあらすじ。“百発百中のゴダール”は素晴らしい泥棒だ。その偉大な頭脳は、すべての可能性を予測し、あらゆる不可能を可能にする。水も漏らさぬ包囲網も難攻不落の金庫も、彼の行く手を阻めはしない。あるときは侵入不能の大邸宅から神秘の宝石ホワイト・ルビーを盗み出し、あ...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.20

『村岡花子エッセイ集』(河出書房新社) ・腹心の友たちへ ・曲り角のその先に ・想像の翼にのってま~、3冊ともありえへんほど安いです。ついこの間(2014年)、出たばっかりなのに。めっちゃ可愛らしい装幀なのに。ブームで売れただけですか?私は一人の「赤毛のアン」ファンとして憤りを禁じ得ません。まぁ、そのうち値上がりすると思うので、そしたら売るんだー。──こういう古本屋もいるので、今のうちに入手して本棚に並...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.19

シリーズ『日本の名随筆』(作品社)各巻にテーマがあり、テーマに合わせた随筆を収録したシリーズ。そのテーマに詳しい人が編集。シリーズは全部で100冊、別巻も100冊。合わせて200冊。200のテーマです。すごい。ん~。ただいま秋ですから、秋の巻を確認しましたら、1984年初版で今も流通中ですよ。どんだけロングセラーやねん、といつも思います。出版元の内情は存じ上げませんが、このシリーズで、すぐにもうかったのかなぁ。そ...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.18

『誕生日の子どもたち』(カポーティ 村上春樹訳/文藝春秋)カポーティのポートレートが際立つ、白い装幀がおしゃれな単行本ですが、絶版。古書価は底値。(文庫化もされていて、そちらは流通中。)    単行本『誕生日の子どもたち』には、「誕生日の子どもたち」「感謝祭の客」「クリスマスの思い出」「あるクリスマス」「無頭の鷹」「おじいさんの思い出」が収録されています。この内、「クリスマスの思い出」「あるク...

  •  -
  •  -

安すぎる古本File No.17

『KATAN DOLL RETROSPECTIVE―天野可淡作品集』これは恨みを晴らした本です。昔は古書価が高くて高くて手が出なかったし、入荷したこともありませんでした。まさかこんな安すぎる古本になる日が来るなんて。ただ恨みを晴らすためだけに注文しました。ハードカバー、約23×18センチ。定価¥3708。重くて立派なご本です。昔、私と同じ思いをした方は、激安の内にどうぞ。  因みに、この辺↓も新版が出て以降、お安くなってます。 ...

  •  -
  •  -