スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

勇気ある人順

 確か島田紳助さんが、「昔、中国に行った時、(道を)車や自転車がびゅんびゅんジャンジャン走っていて、全然横断できなくて、現地の人に「(この道路は)誰が優先やねん?」と訊いたら、「勇気のある人」と答えられた」、と言っていました(多分、私の記憶によれば)。

 「勇気のある人」優先かぁ。合理的だなぁ(そうか?)

 私、現代人のはしくれとして、インターネットでいろいろ買い物をします。
 今のところ、ちゃんと間違いなく品物が送られてくるし、ヘンテコな目に遭った経験はありません。でも時々、梱包に感心することがあります。
 封筒に入れただけかぁ…。別にそれで壊れていたこともないし、それでオッケーなんですが、私はそういうのを「勇気ある梱包」と呼んでいます。ハート強いなぁと思って。

 いろんな局面でアバウトさを露呈しているわたくしですが、梱包に関しては、念入りです。(偉そうなんじゃなく、ただ心配で。感じ悪かったらごめんね)
 ビニール袋に入れて、プチプチでくるくる包んで、封筒に入れます(例外アリ)。やわいものや大きいものはダンボールで梱包します。
 ここだけの話、1個にいくら経費がかかっているのか、知りません。単に計算が嫌いだから!(アイヘイト数学!)

 いい機会なのでやってみようかな。ビニール袋は50枚¥100だから、1枚¥2。封筒は多分¥5。問題はプチプチでー、幅60センチで40メートルが¥1400前後。1個につき30センチくらい使うかな?(この計算がめんどくさい) えーとー、多分¥10くらい?(プチプチはきれいなものなら再利用品もあります)
 計¥17くらいか。あ、グラシン紙忘れてた。えーとー(混乱)、グラシン紙使う商品なら、1個につき¥4くらいかな。計¥21。プラス請求書のコピー用紙か。
 ¥10セールを考え中ですが、これだけを考慮するなら¥10じゃ相当赤字ってことでしょうか(笑)。今、気付きました。

 因みに、¥10セールというのは、ほんとになんとかしたい、場所ふさぎの商品対策です。値段をつけると¥10。どこにでもあって、わざわざ買う人もいないから。
 どんなのかって?
 『ハイネ詩集』とか、『十二夜』(シェークスピア)とか、『金閣寺』(三島由紀夫)とかですね。はぁぁ。考えるだけで憂鬱です(笑)。
 どんなセールになるか、楽しみにしていてください。

ちょっと言いたい本

  •   03, 2009 00:19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。