スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

昔好きだった男 その2

 先日の続き。引き続きネタバレ中。

 結局、いろいろ思い上がってるエディスは、つまらないことで癇癪をおこし、舞踏会でフィリップを侮辱。自分から婚約を破棄します。いつもなら追いかけてくれるフィリップも、今度こそは「僕の中で何かが死んだのです」と言って、エディスから去っていきます。エディスはそれが信じられず、かなり見苦しく悪あがきをします。
 エルノラとフィリップのところに乗り込んで、「フィリップと私を二人きりにしてくれれば、私の魅力で、再びフィリップの心を取り戻せる」と、エルノラに言うんです。ダメだねぇ。
 エルノラは、「ならばフィリップに一人で考える時間をあげましょう」と、行き先を言わずに旅行に出かけてしまいます。「天然」「公正」な性格という設定ですが、試合巧者ですね。

 エディスはいろいろ聞き苦しいことを言ったりしたりしてもフィリップを取り戻せず、プライドもずたずた。勝手に憔悴して苦悩する、ほんとにダメ女なのですが、そんなことになってみたかった覚えがあります、昔の私。アホだったなぁ。

 だって、美人だし、セレブだし、常にハート・ヘンダソンがそばにかしづいていて、

─「エディス、あなたをこのことから助けられるものなら、僕は生命だって惜しまないことをあなたは知っているじゃありませんか」



 とか言うしね。
 エディスとハートのねちっこいカップルのほうが断然楽しそうじゃないですか。

 あ、また長くなってきた(笑)。
 ま、結局、エルノラ&フィリップ、エディス&ハートという2組ができあがるわけですよ。もはやぼろぼろのセレブ・エディスが、最後にイイトコを見せる箇所が2つあり、「美人がぼろぼろに傷つきながら、崇高な態度をとる」という、ドラマチックな展開にぼーっとなった昔の私は、心底エディス・カーでありたいと、願ったのでした。

 という、単なる思い出です、思い出。
 でも、ちょっと面白そうでしょ? 昼メロにいいのにな、と思うんです。やってくれたら見るのになぁ。

好きな本

  •   15, 2009 10:47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。