不安小説。

 サイトでは不快小説ランキングを作ったことがあります。今見ても、納得のランキングで、読んだ頃の不快感をまざまざと思い出します。我ながらよく出来てる(笑)。
 最近読んだ『閉じた本 創元推理文庫』(ギルバート・アデア)も、不快小説の一派だと思いますが、よく考えると、「不安小説」のほうかもしれません。まぁ、不安な状態が続くのは読んでいると不快なもので、「不快小説」とも言えるけど、より本質を突くなら「不安小説」、って感じかな。

─事故で眼球を失った大作家ポールは、世間と隔絶した生活を送っていた。ある日彼は自伝執筆のため、口述筆記の助手として青年ジョンを雇い入れる。執筆は順調に進むが、ささいなきっかけからポールは恐怖を覚え始める。ジョンの言葉を通して知る世界の姿は、果たして真実なのか? 何かがおかしい…。彼の正体は? そしてやって来る驚愕の結末。会話と独白のみの異色ミステリ。(あらすじより)


 登場人物は、ほぼポールとジョンのみ。二人の会話で進行します。ポールが盲目のために、ジョンの言葉から手探りで世界を知る様がじつにもどかしい。なんか不安。なんか変。それが延々続きます。ジョンもなんか変だけど、主人公ポールも感じのいい人物ではなく、偏屈で、その辺が不快。
 あげく訪れる驚愕、てゆーより不快な結末。

 1時間程度のドラマとか、「世にも奇妙な物語」とかにしてくれたら、ちょっとは楽しいかも。これをじっくり読まされるのはちょっと…。
 ただ、解説(村上貴史「才人の才気が爆発した一冊」)が面白いので、解説のために文庫本を持っておいたり立ち読みしたりするのはいいかもしれません。解説にのせられて、ギルバート・アデアの『作者の死』や『ロジャー・マーガトロイドのしわざ』を読んでみたくなりました。

 むーん。いずれも在庫にないので宿敵アマゾン(笑)に手を出してみましょうかね。気持ち的にビミョーでも、画像やあらすじを見ていただくのには便利だなぁ。(別に儲かりそうにはないけどせっかくアフィリエイトツールがあるので使っておきます。そういうの嫌いな方は回避してください。)



ちょっと言いたい本

  •   11, 2010 16:54