スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

自己陶酔型日本男子を探せ!

 五輪のフィギュアを熱心に見てました。

 ウチでは私と母がフィギュア好きです。
 まぁ、でも、どの程度のファンかと言うと、

 ・フィギュアをテレビ放映していたら見る。
 ・お気に入りの選手がいる。
 ・有名選手の名前は言える。(例えば…フィンランドのキーラ・コルピは言える。美人だから)
 ・スピンの名前を言える。
 ・SPで必要な要素を知ってる。
 ・試合後、あれはレベル4だったのだろうか、と気になって採点表をネットで調べて見ることがある。


 その程度です。
 ジャンプの基礎点等は暗記してないし、ジャンプの区別はつかないし(アクセルは分かるよ)、まぁテケトーなファンですね。

 で、いつもテケトーに面白く見ています。
 それでよく思うのは、海外にはよく居るタイプの「自己陶酔型スケーター(男子)」が今まで日本にはいなかったということ。
 つまり、身をくねらせるように、切ない表情で、自己表現するタイプ。海外にはけっこう居て、ホニャララな顔のくせにクネクネされると、なんというか…、ぞわぞわするんですが(ごめんよ)、文化の違いのせいか、日本にはまったく居なかった(と思う)んです。
 高橋大輔選手が珍しくその型に近くて、おしゃれヒゲややんちゃくさい雰囲気がその証明とも思い、注目していました。実際、この五輪では、すごく良くて、「オレを見て~!」っていうアピールと、人生の哀歓みたいな曲の表現とがよく出来てて、演技に没入してるように感じました。
 満足しました。他にもああいうタイプが出てきたら面白いのに。

 満足してエキシビションを見てたら、プルシェンコがめちゃんこ自己陶酔してて、さすがにここまでの人は日本人で見たことがないな! と、思いました。そう言えば、昔、ランビエールがフラメンコでくねくねしてた時もそう思いました。ここまでの人は日本人で見たことがないな!
 ってゆーか、フィギュアのみならず、どこにもそんな日本男子はいないんじゃないかと思ったんですが、見つけましたよ。
 熊川哲也ならやってくれると思うの。あと、真矢みきさんと結婚した西島なんとかさんとか。要するにバレエダンサーの人。ダンサーの人。常日頃から、体で自己表現してる人々ですね。
 フィギュアをやろうとする男子は、当初は、スポーツとして選んでいるはずで、誰も氷の上で自己表現したいからと選んでないもんね、多分。
 あと、俳優なら北村一輝さん、歌手ならガクトさんたちがきっとクネクネしてくれるはず(笑)。ジャニーズは、意外にしてくれなさそう。

 あ、ピアニストにもくねくねする人がいるはず。
 でも漫画『のだめカンタービレ』では、千秋が、ミルヒーに言われてましたよね。

 ミルヒー「もっと情熱的に悶えるように」
 千秋「俺はそういうタイプじゃない!」
 (注:うろ覚えです)


 あれ、笑いました。わかるわかる。

 まぁ別にくねくねしないと大成しないわけじゃないんで、自分の道を行ってもらえばいいんですが、くねくねのほうが見てて面白いし、盛り上がるっちゅーだけの話です。ただ、盛り上がるというのは大事な要素でもあるし、それは観る側が感情移入してる証だと思うし、なんのためらいも恥も衒いもなく、氷上でくねくねして踊りまくれる自己陶酔型日本男子の登場を私は待ちわびています。
 というのは、全部男子の話で、女子は生まれた時から、毎日鏡を見て、可愛いか可愛くないかをチェックし、チェックされ、洋服屋ではそれを着た時の可愛い自分を妄想し、美しく装っている時にはうきうきし、日々自己陶酔の訓練をしながら生きてるようなもんなんです。誰もが多かれ少なかれ素養があるんで、あまり差は出ません。
  •   05, 2010 18:04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。