スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

安すぎる古本 File No.2

 大和書房の「夢の王国」シリーズがお気に入りです(「新たな文学をイメージ豊かな挿画とともに贈る夢のシリーズ」です)。
 コンプリートは諦めていたのですが(と言うか、長らく忘れていた)、先日また、安すぎる古本として発見したので、1冊注文しました。

 安すぎる古本File No.2

 『タルホ座流星群 夢の王国2』(稲垣足穂:著 亀山巌:挿画/大和書房) 1973年初版 ビニールカバー

 タルホ的宇宙の彼方から飛来した”星と少年と飛行機”─現在みられる唯一最高の<タルホ座流星群>ここに出現!!(帯より)



 『一千一秒物語』に親しんでいる人にはいつもの稲垣足穂。よりエロスを含んでいるかな。まぁいつもの稲垣足穂だと思います。
 例えば、第1章「神戸三重奏」は何気に「神戸」の思い出から穏当に始まって、だんだん、少年愛の博物誌へと展開して終わっています。ま、そんな感じで。
 一番多くのページ数をさいているのは、「ヒコーキ」の話です。ヒコーキ、星、月…。あぁ、なーんか悔しいほど男だけの世界。あの手ざわり。


 さすがに挿画も良い雰囲気です。

 ※安ければ、「買い」だと思います。


ちょっと言いたい本好きな本安すぎる古本

  •   04, 2010 02:15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。