スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

安すぎる古本File No.15

『十月の旅人』

以前も違う作品をご紹介しましたが、大和書房の「夢の王国」シリーズがお気に入りです(「新たな文学をイメージ豊かな挿画とともに贈る夢のシリーズ」です)。

ビニールカバー&紙カバー。
上製本。
装画が素晴らしいシリーズ。

なのに、またまた古本価格が底辺になってる作品を発見。

 

『十月の旅人』
(レイ・ブラッドベリ 伊藤典夫訳/大和書房)
上野紀子装画 1974年初版
上野紀子さんの絵、好きなんです。
伊藤典夫さんの訳も好きなんです。

収録作>>
十月のゲーム
休日
対象
永遠と地球
昼さがりの死
灰の怒り
過ぎ去りし日々
ドゥーダッド
夢魔
すると岩が叫んだ
訳者あとがき

2016年にまったく同じ収録作のハヤカワ文庫が出ましたが、
所詮は文庫です(ごめん)。
この雰囲気には勝てないんとちゃうかな~。

大和書房の「夢の王国」シリーズは他にも可哀想なことになってる作品アリ。
一度まとめてみなくては。


関連項目>>
→ミニ特集 夢の王国シリーズ(当店サイト内、PC用)

安すぎる古本好きな本

  •   29, 2017 10:54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。