安すぎる古本File No.19

シリーズ『日本の名随筆』(作品社)

各巻にテーマがあり、テーマに合わせた随筆を収録したシリーズ。
そのテーマに詳しい人が編集。
シリーズは全部で100冊、別巻も100冊。合わせて200冊。
200のテーマです。すごい。

ん~。ただいま秋ですから、秋の巻を確認しましたら、1984年初版で今も流通中ですよ。

どんだけロングセラーやねん、といつも思います。
出版元の内情は存じ上げませんが、
このシリーズで、すぐにもうかったのかなぁ。
それともだんだん人気に火がついたのかなぁ。
そもそもこのシリーズで食べていけると踏んで企画したのか、
気づけば200冊(200テーマ)だったのか。

まー、ほぼ流通中のせいか、めっちゃ売れたせいか、
古本的にはもうずっと長いこと底値です。

でも、名作揃いですし、
例えば、この巻なんて、テーマ「香」で編者が塚本邦雄じゃーん。
というように、たまらぬ巻もあるので、底値で買っておきたいものです。

new5b-02.jpg 


因みに秋と冬。あ、秋がやや高い。でも多分、今だけ。
 

安すぎる古本ちょっと言いたい本

  •   24, 2017 01:38