スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

安すぎる古本File No.20

『村岡花子エッセイ集』(河出書房新社)
 ・腹心の友たちへ
 ・曲り角のその先に
 ・想像の翼にのって

ま~、3冊ともありえへんほど安いです。
ついこの間(2014年)、出たばっかりなのに。
めっちゃ可愛らしい装幀なのに。

ブームで売れただけですか?
私は一人の「赤毛のアン」ファンとして憤りを禁じ得ません。

まぁ、そのうち値上がりすると思うので、そしたら売るんだー。──こういう古本屋もいるので、
今のうちに入手して本棚に並べるのがよろしいかと存じます。

ところで、可愛らしい装幀ですが、
もちろん帯のことを念頭においてデザインされてると思うんです。
帯の位置、どっちだと思います?
どっちでも可愛いところがまたニクイわぁ。

帯を底辺に>>
11220101.jpg


帯をちょい上に>>
11220102.jpg


帯を外す>>
11220103.jpg


せっかくだから他の2冊もお見せしましょう。
じつは裏表紙側はまた違うデザインなんですけど、めんどくさいからもうやめておきます。


11220301.jpg 11220302.jpg 11220303.jpg


11220201.jpg 11220202.jpg 11220203.jpg


  

安すぎる古本好きな本

  •   25, 2017 17:49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。