スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

安すぎる古本File No.21


『怪盗ゴダールの冒険』(フレデリック・アーヴィング・アンダースン 駒瀬裕子訳)
国書刊行会、ミステリーの本棚シリーズ。

mini4-067.jpg

私、怪盗大好き。
しかも、そそるあらすじ。

“百発百中のゴダール”は素晴らしい泥棒だ。その偉大な頭脳は、すべての可能性を予測し、あらゆる不可能を可能にする。水も漏らさぬ包囲網も難攻不落の金庫も、彼の行く手を阻めはしない。あるときは侵入不能の大邸宅から神秘の宝石ホワイト・ルビーを盗み出し、あるときは最新の防犯システムを破壊してウォール街一帯を大混乱に陥れ、またあるときは合衆国貨幣検質所からタンク一杯の黄金を奪取する。その華麗にして大胆な手口は、まさにひとつの芸術だ。20世紀の初め、世界の首都ニューヨークに君臨した怪盗紳士ゴダールの痛快きわまる冒険譚、全6篇を収録。(カバーそでより引用)



この「ミステリーの本棚」シリーズ、全部安すぎる古本です。
どんだけ安いんだ。
ほいほい買うけど。
ほいほい買う人に「安すぎ!」なんて文句言われたくないだろうけど。
まぁそれだけよく売れてる、魅力的シリーズってことかなぁ。
シリーズのラインナップ、いいですもんね。




  

 



関連項目>>
→泥棒つながり(当店サイト内、PC用)

安すぎる古本取り寄せた本好きな本

  •   16, 2018 18:19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。