安すぎる古本File No.24

ミステリ亭の献立帖(東理夫/晶文社)

new5b-43.jpg

晶文社のミステリ関連書、となれば、だいたい欲しいんです。
そして本書は安い。安すぎる。

ミステリに登場する料理に関するエッセイ。
料理から派生してエピソードがひろがっていく様がなかなか面白いです。

著者が実用のために考案・試作したというレシピ付き。
私が一番作ってみたいのは、「茄子と小海老のグラタン」。
これは、M・バスケス・モンタルパン『楽園を求めた男』に出てくるレシピをそのまま真似して作ったんですって。
たいていは作中のレシピをそのまま作ってもそれほどおいしくないものだけど、これは最高においしかったそう。
私も今度作る。


安すぎる古本

  •   25, 2018 14:21